ニュース

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」が運営を担う「東京eスポーツフェスタ」のイベント内容の詳細が決定




~お台場を歩き、バトルする「ポケモン GO」のeスポーツ大会も開催~

株式会社CyberZ、 エイベックス・エンタテインメント株式会社、 株式会社テレビ朝日が共催する、 国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」が企画運営を担う「東京eスポーツフェスタ」の詳細が発表され、 世界累計10億ダウンロード(※)を突破した大人気スマートフォン向けゲームアプリケ―ション「ポケモン GO」 (Niantic, Inc.、 株式会社ポケモン)ならではのeスポーツ大会が開催されることが決定いたしました。    (※) Niantic, Inc.調べ

 

視聴URL(2020年1月11日の様子/OPENREC.tv): https://www.openrec.tv/live/d1rn571l1rv

「東京eスポーツフェスタ」は、 東京eスポーツフェスタ実行委員会がeスポーツの普及と関連産業の振興を目的として今年度初めて開催するイベントで、 eスポーツの競技大会や体験企画の実施などにより、 その魅力を広く発信するとともに、 都内に集積するeスポーツ関連産業の優れた製品やサービスをPRする場となるものです。

 そしてこの度、 「東京eスポーツフェスタ」の詳細が決定しました。

Niantic, inc.、 株式会社ポケモン協力のもと、 実際に歩き回ってポケモンを捕まえるとい「ポケモン GO」ならではの要素も加えたルールで実施することにより、 参加者の方にeスポーツを新たなかたちでお楽しみいただけるイベントとなっております。

本大会は、 お台場でおこなわれます。
参加者の方々には、 まず「ゲット大会」に参加いただき、 お台場を歩いて、 「ポケモンを捕まえる」ことをテーマにした大会限定フィールドリサーチ(タスク)に挑戦していただきます。
タスクのクリアタイムが最も早い上位16名に「バトル大会」のトーナメントへの出場権が付与されます。

「バトル大会」では、 「ポケモン GO」のトレーナーバトル(ポケモンを3匹ずつ出してバトルする、 1対1の対戦機能)を使用して優勝を争います。

なお、 「バトル大会」に使用できるポケモンは当日お台場で捕まえたポケモンのみなので、 「ポケモン GO」トレーナーであれば誰でも気軽に参加できます。

バトルの腕前や知力だけではなく、 お台場でポケモンを探す体力やトレーナーとしての勘も必要なeスポーツをお楽しみいただけるイベントとなっております。

詳細はこちら: https://esportsfesta.tokyo/other

■「東京eスポーツフェスタ ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」概要

名称:「東京eスポーツフェスタ ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」
会場:「東京eスポーツフェスタ」内  東京ビッグサイト 南1ホール(江東区有明3-11-1)
日時: 2020年1月11日(土)10:00~18:00 (受付開始:  9:00~9:30/参加者説明:9:30 ~10:00)
※「東京eスポーツフェスタ」は1月11日(土)、 12日(日)の2日間の開催です

1    ゲット大会:11:00 ~ 14:00/集計14:00 ~ 15:45(予定)
2    バトル大会:15:45 ~ 18:00(予定)

参加資格:小学生以上で事前申し込みに当選された方
※高校生以下は受付時に保護者同意書も提出
※小学生の方は当日保護者同伴のみ参加可能

事前申し込み 募集期間:2019年12月16日(月)~12月26日(木)
当選者発表:2019年12月28日(土)
事前申し込み 詳細: https://esportsfesta.tokyo/other

■「ポケモン GO」 4人フライト式トーナメント

その場に集まった「ポケモン GO」プレイヤーの方々4人ひと組でトレーナーバトルのトーナメントに参加していただくサイドイベントです。 これまでに捕まえたポケモンでも対戦できますので、 どなたでもお気軽にご参加いただけます。 なお、 優勝者には「ポケモン GO」ノベルティステッカーを贈呈いたします。

日時:2020年1月11日(土)11:00~15:00(予定)

 

■「東京eスポーツフェスタ」開催概要

名称    「東京eスポーツフェスタ」
日時    2020年1月11日(土)、 12日(日)  10:00~開演(予定)
会場    東京ビッグサイト 南1ホール(江東区有明3-11-1)
競技参加     無料
一般入場     無料
         ※取材をご希望の場合は、 お手数ではございますが、 1月9日(木)15:00までに弊社広報

          宛 ( press@cyber-z.co.jp )にご連絡をお願いいたします。
主 催        東京eスポーツフェスタ実行委員会[東京都/(一社)日本eスポーツ連合/
                (一社)コンピュータエンターテインメント協会/(一社)日本オンラインゲーム協会/
                (株)東京ビッグサイト]
企画運営    RAGE
公式HP       https://esportsfesta.tokyo
配信          2020年1月11日(土)、 12日(日)の模様は、 下記にて配信を予定しております

2020年1月11日(土)

OPENREC.tv: https://www.openrec.tv/live/d1rn571l1rv
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=-9aWoKx4Shg

2020年1月12日(日)

OPENREC.tv: https://www.openrec.tv/live/lv81k16w2r9
YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=kAAIMCiwItg

《「東京eスポーツフェスタ」イベント内容》

ステージでの、 オープニングイベント、 エキシビジョンマッチ、 決勝大会、 表彰式をおこなうほか、 eスポーツの関心・期待を高めるトークセッション、 eスポーツ関連産業展示会等を実施予定です。

■競技種目

「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」(株式会社バンダイナムコ エンターテインメント)、 「パズドラ」(株式会社ガンホー・オンライン・エンターテイメント)、 「ポケモン GO」(Niantic, Inc.、 株式会社ポケモン)「モンスターストライク」(株式会社ミクシィ)、
※50音順。 各種目の1位の参加者に、 東京都知事杯(仮称)を贈呈予定

■eスポーツ関連産業展示会

eスポーツ関連産業展示会(都内中小企業)を実施します。
出展社:ゲームソフトの開発、 周辺機器•アイテム•キャラクターグッズの制作販売など

■出演者

MC:霜降り明星(しもふりみょうじょう)
(C)️YOSHIMOTO CO., LTD.
 

 

アシスタントMC:内田敦子(うちだあつこ)

■誰でも参加できるeスポーツ体験・学びコーナー

事前予約なしで、 どなたでもeスポーツを体験し学べるコンテンツを用意しています。
・競技種目3種のプレイエリア(「太鼓の達人」、 「パズドラ」、 「モンスターストライク」)
・「ポケモン GO」のプレイエリア
・業務用音楽ゲーム「ビートマニア」(株式会社コナミアミューズメント提供)
・eスポーツトークセッション「eスポーツとは何だろう?」
出演者:筧誠一郎氏(東京都eスポーツ連合会長) ほかeスポーツキャスターやプロプレイヤーを予定
・eスポーツトークセッション「eスポーツにおけるダイバーシティの可能性」
出演者:田中栄一氏(国立八雲病院作業療法士) ほか、 障がい者の就労支援や障がいのあるeスポーツプレイヤーと当プレイヤーを雇用している事業者を予定
・eスポーツ関連技術の体験、 展示
VR(仮想現実)用ヘッドマウントディスプレイを使ったスポーツ対戦の体験や、 高速•大容量通信によるリアルタイム•マルチアングルのeスポーツ対戦映像の中継やAI技術を活用したeスポーツ対戦のハイライトシーン観戦

イベント内容、 参加方法などの詳細は、 公式HP  https://esportsfesta.tokyo  をご覧ください。

■「ポケモン GO」(Niantic, Inc.、 株式会社ポケモン)とは

世界累計10億ダウンロード(※)を突破した大人気スマートフォン向けゲームアプリケ―ション「ポケモン GO」(ポケモン ゴー)は、 位置情報を活用することにより、 現実世界そのものを舞台として、 ポケモンを捕まえたり、 交換したり、 バトルしたりできるゲームです。  (※)Niantic, Inc.調べ

■RAGEとは

RAGE(レイジ)とは、 次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテイメント性を掛け合わせた、 株式会社CyberZ、 エイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社テレビ朝日の3社で協業し運営するeスポーツイベントおよび、 eスポーツリーグの総称です。
現在RAGEでは、 主にオフラインで開催する一般参加型の「イベント」と、 プロ選手による競技をオンラインで配信する観戦型の「プロリーグ」、 2つのプロジェクトを実施しています。 「イベント」では、 複数のジャンルに渡るゲームタイトルが一堂に介し、 各タイトルの最強王者を決めるeスポーツ大会のほか、 会場限定の大会や新つくタイトルの試遊会、 アーティストライヴなども実施しています。 賞金制で開催したeスポーツ大会はこれまで、 「ウイニングイレブン 2017」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、 「Shadowverse」(株式会社Cygames)、 「ストリートファイターV」(株式会社カプコン)、 「Vainglory」(Super EVill Megacorp社)計4タイトル(並びは五十音順)を採用しています。 また、 非賞金制の大会として「スプラトゥーン2」(任天堂株式会社)や「PUBG MOBILE(PUBG)」(PUBG株式会社)を採用したイベントも開催しています。 国内のトッププレイヤーたちが参加するeスポーツリーグでは、 「RAGE Shadowverse Pro League」と「RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM」などのリーグを運営しています。
公式サイト:    https://rage-esports.jp/
公式Twitter:   https://twitter.com/eSports_RAGE
公式Facebook:  https://www.facebook.com/eSportsRAGE/
公式Instagram: https://www.instagram.com/esports_rage/

■ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」

「OPENREC.tv」は、 ゲーム実況やオリジナル番組、 eスポーツ大会のライブ配信が楽しめる、 ゲームに特化した動画配信プラットフォームです。
公式Twitter: https://twitter.com/OPENREC
WEB: https://www.openrec.tv/
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/openrec.tv-gemu-shi-kuang/id912776162
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cyber_z.openrecviewapp
Amazon Androidアプリストア: https://www.amazon.co.jp/dp/B01N0CMW5N/

■CyberZについて

   http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。 スマートフォン広告における運用・効果検証、 交通広告やウェブCMの制作など、 幅広いマーケティング事業を展開。 日本に加えて、 サンフランシスコ、 韓国、 台湾にも支社を構え、 国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援もおこなっております。
また、 メディア事業としてゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、 eスポーツ事業として、 国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。
CyberZ100%子会社としては、 バーチャルキャラクターやVRイベント制作、 VRシステム開発などの事業を手掛ける「株式会社CyberV」、 オンラインエンタテインメント事業、 プロダクション事業をおこなう「株式会社eStream」、 eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。

■会社概要

社名 株式会社CyberZ
東京本社 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア23階
代表者  代表取締役社長 山内隆裕
事業内容 スマートフォン広告事業、 スマートフォンメディア事業、 eスポーツ事業
URL    http://cyber-z.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社CyberZ  広報担当:北村/雨川
E-mail: press@cyber-z.co.jp  Tel:03-5459-6276   Fax:03-5428-2318

 







-ニュース
-,

Copyright© 港区スタイル , 2020 All Rights Reserved.