ニュース

うんこが東京に上陸!“MAXうんこカワイイ”東京の新名所「うんこミュージアム TOKYO」徹底解剖!




~8月9日(金)、ダイバーシティ東京プラザ 2階にオープン!~

株式会社アカツキライブエンターテインメント(本社:東京都品川区、 代表取締役CEO:香田哲朗/代表取締役CPO:小林肇、 以下アカツキライブエンターテインメント)と株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、 代表取締役CEO:柳澤大輔、 以下面白法人カヤック)は、 2019年8月9日(金)から、 ダイバーシティ東京 プラザ 2階に「うんこミュージアム TOKYO」がオープンしたことをお知らせいたします。 “MAXうんこカワイイ”空間とは果たしてどのようなものなのか?気になるコンテンツをご紹介いたします。

「うんこミュージアム TOKYO」公式サイト: https://unkomuseum.com/tokyo

 

 

  • TOKYOだけの新コンテンツも追加!見どころ満載のウンターテイメント体験

「うんこミュージアム TOKYO」は、 うんこをテーマにした最先端アミューズメント空間です。
横浜駅前「アソビル」2階にて期間限定で開催されている「うんこミュージアム YOKOHAMA」に続く第二弾として、 「MAXうんこカワイイ」をコンセプトに大進化してダイバーシティ東京 プラザ 2階に2019年8月9日(金)にオープンいたしました。
コンセプトは “MAXうんこカワイイ”。 カラフルでおしゃれなうんこを見て、 触って、 撮って、 遊んでいただけます。

1.ようこそMAXうんこカワイイ世界へ「マイうんこメーカー」

入り口ではカラフルな便に座って「うんこミュージアム」を一緒に巡る相棒「マイうんこ」を生み出します。 10色の「マイうんこ」がランダムで出てくるので、 あなただけのカラーをゲットしてください。

2.巨大オブジェから小さなうんこが飛び出すうんこボルケーノのある「大広場」

美しい映像と音楽に包まれながら、 ボルケーノのフン火を待ちましょう。 ボールプールは靴を脱げば誰でも入れます。 床をよーく見ると隠れうんこがいるかもしれません。

3.可愛くてキラキラしたうんこが並ぶ「ウンスタジェニックエリア」

TOKYOの新コンテンツ「うんコンビニ UNKO MART」は様々なうんこグッズが陳列されているウンスタジェニックなコンビニ風フォトエリア。 撮影に使える一部グッズは購入することができます。 他にも、 うんこのネオンやプリンセスの空間など、 カラフルなうんこたちと自由に写真と撮ることができます。

4.うんこのゲームが楽しめる「ウンタラクティブエリア」

落ちてくるうんこを両手で受け止める、 シンプルながら難易度の高いゲーム「うんこ白刃どり」はTOKYOの新コンテンツ。 クソみたいなゲームが7つ楽しめる「クソゲーセンター」ではうんこでレースをする「UNKO RACE」、 うんこにぶつからないように飛び込む「UNKO DIVING」、 ウンベルトと恋愛できちゃう「ときめきウンベルト」、 うんこの神経衰弱「UNKO MATCHING」は新作ゲームです。 YOKOHAMAで人気の「うんこシャウト」などお馴染みのコンテンツもあります。

5.うんこへの見聞が深まる「ウンテリジェンスエリア」

著名人の方によるうんこイラストを展示する「ぶりぶりギャラリー」では、 片岡鶴太郎さん、 矢野顕子さん、 ユージさん、 マキシマムザホルモン、 流れ星、 亀田誠治さん、 村重杏奈さん、 tofubeatsさんなど豪華メンバーに描いていただいております。 さらに、 自分なりのうんこを表現したり、 世界のうんこについて学んだり、 ウンテリジェンスを得ることができます。

6.便器を抜けるとそこは…?新登場「ウンベルトの間」

巨大な公式キャラクター・ウンベルトが持つ便器の中に進むと、 幻想的な無限の宇宙が広がっています。

7.限定グッズも登場!物販エリア「うんこファクトリー」

ここでしか買えないうんこグッズが販売される物販エリア「うんこファクトリー」も新登場。 うんこが作られている!?カワイイ空間に所狭しと並べられたオリジナルグッズに目移りしてしまいそう。

TOKYOでしか購入できない限定グッズとして、 クリアファイル、 ウンベルトぬいぐるみ、 パステルカラーシャツ(TOKYO限定色)が登場いたします。 また、 夏の新グッズとして、 ビーチサンダル、 人気コンテンツ「マイうんこメーカー」を模したグミ、 うんこ型の氷が作れる「うんこおりメーカー」など約10種類が追加されました。
 

  • うんこミュージアム プロデューサーが語る!「うんこミュージアム TOKYO」の楽しみ方は?

うんこミュージアム総合プロデューサー・小林将(株式会社アカツキライブエンターテインメント)


“MAXうんこカワイイ”のコンセプトの通り、 施設全体をよりかわいく表現しています。 うんこミュージアムは体験する人がいることで完成するエンターテインメント。 カワイイうんこの世界で、 写真を撮ったり、 思いっきり叫んだり、 自分自身を解放して体験して、 自分たちならではの楽しさを見つけてみてください。 また、 TOKYOでは日本語、 英語、 中国語の3言語表記をしているので、 海外のお友達も連れてぜひ遊びに来てほしいですね。 これが日本のカワイイ文化の最先端だ!とご紹介いただけると嬉しいです。

うんこミュージアム制作プロデューサー・香田遼平(株式会社カヤック)


新コンテンツでオススメは「うんこ白刃取り」です。 落ちてくるうんこを両手で掴む。 何故、 落ちてくるうんこを掴まないといけないのか。 そんな非日常な体験をお楽しみください。
また、 「クソゲーセンター」の一つ、 うんこでレースをする「UNKO RACE」もチャレンジしてみてほしいですね。 本格的なレースゲームなのですが、 難易度が高く、 開発者以外にゴールできた人間がまだいません。 でも、 実は裏ルートも仕込んでいるので、 それを発見したらゴールすることができるかも。 我こそは!というゲーム好きの方、 ぜひチャレンジしにきてください!
 

  • 人気音楽プロデューサー「tofubeats」書き下ろし!公式テーマソング『生きる・愛する・うんこする』を聞けるのは会場だけ!

「うんこミュージアム TOKYO」公式テーマソングは、 ネット世代の音楽家として同年代から圧倒的支持を受ける人気アーティストであり、 有名アーティストと多数コラボなどを行う音楽プロデューサーでもある「tofubeats」に完全書き下ろしで制作いただきました。
提供いただいた楽曲のは「tofubeats with うんコーラス隊」名義による『生きる・愛する・うんこする』に決定。 「うんこミュージアム TOKYO」でしか聞くことのできないドラマティックな楽曲をぜひ会場内でお聴きください。

【tofubeats プロフィール】

1990年生まれ神戸出身。 中学時代から音楽活動を開始し、 高校3年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。
その後、 「水星 feat.オノマトペ大臣」がiTunes Storeシングル総合チャートで1位を獲得。
メジャーデビュー以降は、 森高千里、 の子(神聖かまってちゃん)、 藤井隆ら人気アーティストと数々のコラボをおこない注目を集め、 3枚のアルバムをリリース。
2018年は、 テレビ東京系ドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ、 10月には4thアルバム「RUN」を発売。
2019年はデジタルシングル第1弾として1月に竹内まりや「PLASTIC LOVE」のカバーをリリース。 そして、 デジタルシングル第2弾として「Keep on Lovin' You」を5月24日(金)にリリースした。

■オープン初日は、 多くのウンカーによる入場待機列ができる人気ぶり!

オープン初日である8月9日(金)には「うんこミュージアム TOKYO」の入場を待つ人々による行列ができました。 列の一番はじめに並ぶ渡辺さま(千葉県在住)は「東京にもできたということで楽しみにしていた。 夏休みを利用して孫と一緒に来たが、 どんなワールドが広がっているのか楽しみ」と語りました。 日によってはすでに前売り券が完売している入場時間帯があるなど、 「うんこミュージアム TOKYO」の初速は好調です。
 

  • チケット販売中!夏休みのウンターテイメント体験は早い者勝ち!

うんこミュージアム公式サイトにて先行事前予約チケット販売しております。 なお、 今後は各種プレイガイド等にて先行事前予約チケット販売を予定しております。

チケット予約サイト: https://reserve.ale-box.com/reserve/169

ダイバーシティ東京 プラザ 1階 「うんこミュージアム TOKYO」チケットカウンターでは、 営業日の10:00から当日券を販売いたします。
 

  • 「うんこミュージアム TOKYO」開催概要

正 式 名 称:うんこミュージアム TOKYO
   住 所 :東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ 2階 
オープン日:2019年8月9日(金)
営 業 時 間:10:00~21:00 ※最終入場受付 20:00
 定 休 日 :施設に準ずる
入 場 方 法 :事前予約によるチケット制(※空き状況次第では当日券もあり)
入 場 料 金 :
<事前予約チケット>
大人(中学生以上) ¥1,600(税込)/子供(小学生)¥900(税込)/小学生未満 無料
<当日購入チケット>
大人(中学生以上) ¥1,800(税込)/子供(小学生)¥1,000(税込)/小学生未満 無料
施 設 面 積 :200.64坪
  U R L  : https://unkomuseum.com/tokyo
   Twitter   : https://twitter.com/unko_museum2019/   @unko_museum2019
運 営 会 社 :株式会社アカツキライブエンターテインメント/株式会社カヤック
 

  • 株式会社アカツキライブエンターテインメント会社概要

アカツキライブエンターテインメントは『世界をもっとカラフルに』をミッションに、 五感を総動員できる「リアルな体験」にフォーカスしたライブエンターテインメント事業を展開しております。
社名:株式会社アカツキライブエンターテインメント
URL: https://ale.tokyo/
設立:2013年9月(2017年12月21日に株式会社ASOBIBAから株式会社アカツキライブエンターテインメントに商号変更)
代表者:代表取締役CEO 香田哲朗、 代表取締役CPO 小林肇    ※CPO:Chief Produce Officerの略
所在地:東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階
事業内容:複合商業施設事業、 サバイバルゲーム事業、 イベント事業、 パーティ事業、 飲食店・ケータリング事業
 

  • 面白法人カヤック会社概要

社名:株式会社カヤック
URL: http://www.kayac.com/
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11-8
設立:2005年1月21日
代表取締役:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容:日本的面白コンテンツ事業







-ニュース
-

Copyright© 港区スタイル , 2020 All Rights Reserved.