ニュース

東京タワーにて「SOMPO パラリンアートカップ2018」の展示会を初開催!障害者週間に合わせて12月7日〜9日に実施しました!

2018年12月12日




~「金澤翔子賞」受賞の望月悠加さん、「宮西達也賞」受賞の小山桃子さんに当日お越しいただきました~

一般社団法人 障がい者自立推進機構(代表理事:中井 亮)は、 日本プロサッカー選手会(JPFA)、 日本バスケットボール選手会(JBPA)、日本ラグビーフットボール選手会(JRPA)、 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、 ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)、 日本ラグビーフットボール協会、 文化庁、 厚労省のご協力、 損害保険ジャパン日本興亜株式会社の特別協賛をたまわり、 2018年11月13日(火)に入賞作品の発表と表彰式を開催いたしました。 さらに本コンテストの展示会を12/3~9の障がい者週間に合わせて、 12/7(金)~9(日)の3日間東京タワーにて初開催いたしました。

左)東京タワー展示会の様子 右)損保ジャパン日本興亜賞のパネル(47都道府県毎に選定)

左)東京タワー展示会の様子 右)損保ジャパン日本興亜賞のパネル(47都道府県毎に選定)

本アートコンテストは「障がい者がアートで夢を叶える世界を作るというパラリンアートの想いと課題解決をスポーツの力で応援するという趣旨から、 一昨年に誕生しました。 障がい者が持つ力を表現し世間に拡めるプロジェクトとして、 第3回目を迎えた今年は「日本プロサッカー選手会」、 「日本バスケットボール選手会」に加え 「日本ラグビーフットボール選手会」のご協力も頂き、 すべてのスポーツを題材とした作品を募集し、 全国から総計854点が集まりました。

審査委員長に武蔵野美術大学名誉教授の遠藤彰子さん、 審査員に日本障がい者サッカー連盟会長の北澤豪さん、 漫画家で『キャプテン翼』作者の高橋陽一さん、 漫画家のくじらいいく子さん、 絵本作家の宮西達也さん、 書家の金澤翔子さん、 日本アンプティサッカー協会最高顧問のセルジオ越後さん、 ブラインドサッカー日本代表の寺西一さん、 女優の若月佑美さん、 南海キャンディーズしずちゃんら様々なジャンルの方をお迎えしました。 厳正なる審査の結果、 グランプリには、 茨城県在住の飯島純子さんの「栄光のまなざし」、 準グランプリには、 秋田県在住のオイヌマ ナミカさん「めざせ ゆめのオリンピックへ!」と岩手県在住の工藤 由記雄さんの「大リーグボール」の2作品が選ばれました。

その他、 上記審査員個人賞や、 現役の選手らが審査する日本プロサッカー選手会賞、 日本バスケットボール選手会賞、 日本ラグビーフットボール選手会賞、 47都道府県から1名ずつ選出する損保ジャパン日本興亜賞なども選定し、 贈賞いたしました。
入賞作品や入選作品については以下のサイトからご覧ください。

http://www.asahi.com/sports/events/pacup/2018.html

◆展示会の様子

 

◆代表理事からのコメント

「今年で3回目となるSOMPO パラリンアートカップですが、 初めて東京タワーで展示もでき喜びを感じております。 より多くの方に見ていただける良い機会になったかと思います。 今後もこのような取り組みを続けていけるよう精進して参ります」「昨年グランプリ受賞のカミジョウミカさんにもご協力いただいて、 光って回るパラリンアートタワーも展示を華やかにしてくれています。 本コンテスト受賞者が活躍する姿をどんどん見たいです」

◆受賞からのコメント

望月悠加さん(金澤翔子賞)

 

 

「蹴球の古今」作者:望月 悠加(東京都)

「蹴球の古今」作者:望月 悠加(東京都)

「昔から親しまれている鈴虫でスポーツを表現した切り絵にしました。 切り絵が得意で、 切り絵も可能とのことで応募しました。 昨年は入選だったので、 今年はそれよりも上位の賞が取れて嬉しいです。 東京タワーで展示してもらうのも初めてで、 たくさんの方々に見ていただけるのが嬉しいです」
 

 

小山桃子さん(宮西達也賞)

 

 

「 ~繫がれ世界へ~」作者:小山 桃子(東京都)

「 ~繫がれ世界へ~」作者:小山 桃子(東京都)

「色々なスポーツのピクトグラムと国旗をオリジナルを交えながら描きました。 (宮西達也賞を受賞にあたり)今まで賞をとる経験がなかったので、 とっても嬉しかったです。 東京タワーでは色んな人に作品を見てもらえるのがとても嬉しいです。

スケッチブックへ自由時間に絵を書いたり、 学校の授業でも絵を書くのが好きです。 これからも楽しく絵を描いていきたいです」

 

左)望月美香さん 右)小山桃子さん

左)望月美香さん 右)小山桃子さん

今後も一般社団法人 障がい者自立推進機構は、 『障がい者がアートで夢を叶える世界を作る』をテーマに、 障がい者の社会参加と障がい者アーティストの経済的な自立を目的に、 ビジネス支援を推進することを信念に活動して参ります。







-ニュース
-

Copyright© 港区スタイル , 2020 All Rights Reserved.